積極的に産後に摂りたい栄養素

積極的に産後に摂りたい栄養素


産後女性の体は、多くのエネルギーを必要とします。母乳育児の場合は、質の良い母乳を作るため多くの栄養が不可欠ですし、昼夜を問わない育児をこなす体力をつけるため妊娠前より多くのカロリーも必要です。ここでは、産後にできるだけ多く取りたい栄養素について見ていきまましょう。

産後女性の体に必要なもの

産後、女性の体の中では多くの栄養が母乳に取られていきます。母乳は基本的に血液と同じもので、ママの体が摂取した栄養を赤ちゃんが効率よく摂取できるようになっているのです。
例えば母乳の主成分はたんぱく質と脂肪、乳糖です。ここにビタミンやミネラルも加わり、他にも数多くの栄養素が含まれています。母乳は赤ちゃんにとって「理想の栄養食」ともいわれ、人間の体が成長するときに最も必要とされる100以上の栄養が含まれていることがわかっています。

これらの栄養はもちろんママの体の中にある原料をもとに作られます。
逆にいうと、ママが栄養不足になると母乳に含まれる栄養も足りなくなってしまうというわけなのです。また、ママの食べたもので母乳の味が変化することもわかっています。
例えば脂肪分の多い食事や油分の多い食べ物を多く摂取すると、母乳はドロドロとしたものになります。乳腺が詰まりやすく炎症の原因になる上、赤ちゃんにとっては吸いにくくあまり美味しくない母乳です。

美味しい母乳を作るためには、基本的には薄味の和食が理想的で、野菜の栄養をたっぷり摂ることがおすすめです。低カロリー高たんぱくを心がけ、炭水化物やカルシウムも多く摂るようにしましょう。

産後におすすめの食材とは?

良質なたんぱく質を摂るためには、豆腐や鶏肉・豚の赤身肉などがおすすめです。母乳の分泌を促し、乳腺の詰まりを予防してくれる効果のある海藻類は、できるだけ毎日食べるようにしましょう。
炭水化物を摂るためには、白米やうどんがおすすめです。パンにはバターや砂糖が多く使われているのでカロリーや油脂分が気になり、玄米は消化不良を起こす可能性もあるので、避けるようにしましょう。
また、母乳は血液を原料としているため、ママの体の中で血液を多く作ることが母乳の分泌にも関係します。
このため、鉄分や水分を多く摂ることも大切です。鉄瓶で沸かした白湯を飲むと一石二鳥でおすすめです。産後の貧血予防にもなりますので、鉄分も毎日積極的に摂るようにしましょう。

参照サイト

妊娠中と産後の食事について|厚生労働省